search
とじる
トップ > 社会 > 『サンモニ』青木氏、安倍総理の新型コロナ対応に「“やってる感”の演出」と発言で賛否

『サンモニ』青木氏、安倍総理の新型コロナ対応に「“やってる感”の演出」と発言で賛否

pic pic

画像はイメージです

 1日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、ジャーナリストの青木理氏が、新型コロナウイルス対応で記者会見を開いた安倍晋三総理大臣を批判。その論理が物議を醸している。

 青木氏は、安倍総理が2月29日に記者会見を開いたことについて、「良いこと」と前置きした上で、「具体的な検査体制についても、休業補償についても、共働きやひとり親のお子さんにはどうするのかっていう具体的な措置も一切出ず。金額についても、予備費から出す方針ですっていうだけで、僕は昨日がっかりしたんですよ」と話す。

 続けて、「判断に時間が掛かったって言うけど、初の感染者から一か月以上出てるんですよ。その間、いろんな準備をしたり判断をしたりとか、検査態勢を充実する余裕があったはずなのに、これほとんどされてない」と批判する。

 そして、「あえて申し上げるんですけども」と前置きし、「その間の首相の記録見てると、取り巻きだったりとか、お友達と会食されててね。昨日も記者会見では30数分で終わっちゃったんですけれども、『まだ質問あります』って記者が言ってるのに、お帰りになられた。『予定の時間過ぎたから』って。そのまんまご自宅に戻られてるようなんですね」と安倍総理批判を展開。

 さらに、「この間のやり方がちぐはぐなのと、緊張感がないのと、具体的な動きがないっていうことを考えると、こういう時にこういうこと言うのも、また少しあれかもしれないですけれども、今の政権の特徴の、この『やってる感』みたいなものを演出するっていうようなところが、ここでも見えてるのかなっていう気がするんですよね」と話す。そして、「具体的な政策を出してほしい」と訴えた。
 この発言に、視聴者から「コロナウイルス問題も政権批判に使っている。具体的な政策を出せと言うなら、自分が代案を出すべきだ」「政権批判をしたいだけ。自分がどうすればいいか提案してくれ」「具体的な政策を出しても批判する。何をやっても批判したい」と否定的な意見が上がる。一方で、安倍政権に批判的な層からは「安倍総理の行動は確かにおかしい」「具体的な政策がなかったのは事実」などの声もあった。

 政権批判を繰り返す『サンデーモーニング』と、その急先鋒と言える青木氏。一部視聴者からは「代案を出して欲しい」という声が上がっている。

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ