search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 高岡早紀、身内がトラブルメーカーだらけ? 鬼嫁キャラの妹・由美子の現在は…

高岡早紀、身内がトラブルメーカーだらけ? 鬼嫁キャラの妹・由美子の現在は…

pic pic

高岡早紀

 IT関連会社の社長らが、法人税など約5900万円を脱税したとして、東京地検特捜部に逮捕されたことを、20日放送のフジテレビ系、TBS系などの昼ニュースが報じた。

 法人税法違反などの容疑で逮捕されたのは、インターネット掲示板「爆サイ.com」などを実質的に運営する、東京都渋谷区「Aegate(エーゲート)」の社長・高岡賢太郎容疑者ら2人。高岡容疑者は女優の高岡早紀の実兄に当たる。

 報道によると、高岡容疑者らは、架空の外注費を計上する手口で、2018年までの2年間で約2億4000万円の所得を隠し、法人税など約5900万円を脱税した疑い。高岡容疑者は、任意の調べに対し「取引は正しい」と容疑を否認していたという。

 「高岡容疑者の手口は脱税の手口としては古典的だが、最初から脱税ありきだったと思われる。とはいえ、名前を出されてとばっちりを受けたのが高岡早紀だが、なぜか、高岡早紀の身内は金銭トラブルばかり起こしている。一時期バラエティーに鬼嫁として出演していた妹の高岡由美子も、浪費癖が話題となるなどお騒がせキャラ。夫婦出演の多かった元・鹿島アントラーズの本田泰人氏とは2009年に離婚しており、現在は2度目の離婚を経て、2人の子供とアメリカにいるようだ」(芸能記者)

 高岡早紀は96年に俳優の保阪尚希と結婚、保阪との間に長男と次男をもうけたが04年に保坂と離婚。11年には内縁の夫との間に長女をもうけたが、この内縁の夫がとんでもないことをしでかしていたのだ。

 「内縁の夫は怪しい水を売るビジネスを展開。典型的な詐欺師気質で、借金問題を抱え、いつの間にか行方をくらましてしまった。それに巻き込まれたのが高岡早紀の母親。夫が金を引っ張れそうな相手を見つけ、“広告塔”である高岡早紀に引き合わせ、その場に高岡早紀の母親を同席させてうまく信じ込ませていたが、肝心の商品がダメで、何十万本もの在庫だけが残った。その結果、水を販売していた高岡早紀の母親が代表を務める会社は東京地裁から破産開始決定を受け、多額の負債が残ってしまった」(全国紙社会部記者)

 高岡早紀が芸能界入りをしたのは兄のお膳立てがあったからだという。デビューではお世話になった兄だろうが、現在は自身が金銭トラブルを抱えていないことだけが唯一の救いのようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ