search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ​石野卓球、『グッディ』『情報7days』らの“やり口”を公開 ピエール瀧宅前での張り込みにも苦言

​石野卓球、『グッディ』『情報7days』らの“やり口”を公開 ピエール瀧宅前での張り込みにも苦言

pic pic

石野卓球公式ツイッターより https://twitter.com/TakkyuIshino

 電気グルーヴの石野卓球が、メンバーのピエール瀧の自宅に来たというマスコミからの取材要請を明かし、ネットから称賛を集めている。

 一部で芸能活動復帰が報じられ、再び世間を賑わせている瀧。そんな中、石野は5日にツイッターを更新し、「おいフジテレビ“グッディ”よ。朝から瀧の自宅の前で張り込むのやめてやれよ」とフジテレビのワイドショー番組『直撃LIVEグッディ!』の取材班に呼び掛け。「彼の家族はもちろんご近所さんも迷惑してるぞ」と苦言を呈した。

 さらに、石野はその後も「フジテレビ“グッディ”に続いてはTBS『新•情報 7daysニュースキャスター』のやり口編です」として、『新・情報7daysニュースキャスター』のスタッフから届いたという手紙を7枚ほど披露。インタビュー取材を要請するもので、19年5月から1週間日付を開けて届けられており、石野は「宛名消印の無い封筒で極悪人とその家族の住む家の郵便受けに週一で投函されたんだってさ」と説明。さらに、『とくダネ!』(フジテレビ系)のスタッフから届けられたという手紙を披露。瀧の妻に向けて書かれたもののようで、「本来ならご主人様とお話しがしたいのですが、難しい状況でしたら奥様とお話が出来ないか相談したく参りました」と家族にまで取材要請しているようだった。

 石野のこの一連の告発にネットからは、「消印無しっていうのが怖すぎる」「そこまでしなくても瀧さんは十分社会的制裁を受けたはずだと思いますが…」「家族が悪事を働いたわけじゃないのに、一般人の妻に取材要請とかどうかしてる」というマスコミへの批判が集まる一方、「こういうのどんどん晒していったほうがいい」「晒すことで牽制になりそう」という石野への称賛も集まっていた。

 そして、石野はマイペースにこの一連の手紙を晒しつつ、ツイートの中で「芸能人に人権なんか無いもんな」「尊敬する。番組の都合ありき! 自分勝手だよねー瀧は」「執行猶予期間中って呼吸しちゃダメなんだぜ」と自虐風のコメントをつづるなどやりたい放題。瀧の復帰を望む声が決して少なくないだけに、マスコミの常軌を逸した取材要請に困惑するネットユーザーが多かったようだ。

記事内の引用について
石野卓球公式ツイッターより https://twitter.com/TakkyuIshino

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ