search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 大江麻理子アナ 1月いっぱい休暇裏に“働き方改革的妊活”のウワサ

大江麻理子アナ 1月いっぱい休暇裏に“働き方改革的妊活”のウワサ

pic pic

提供:週刊実話

「千載一遇のチャンス。励むしかないと思います」(女子アナライター)

 夜の報道番組『WBS』(ワールドビジネスサテライト/テレビ東京)でメインキャスターを務めている大江麻理子アナが先日、自身のツイッターで、同番組を1月いっぱい休むことを明らかにした。

「テレビ東京入社以来、常に“局の顔”として忙しい毎日を過ごしてきました。これほどの“大型連休”は初めてではないでしょうか」(同・ライター)

 大江アナは自身のツイッターに、《『WBS』を担当して6年近く。ちょっと疲れがたまってきていたことと、キャスターの働き方改革を進める会社の方針で、1月いっぱい、お休みをいただくことになりました。毎年この時期に冬休みがあるのですが、それに合わせて有給休暇も消化します。しっかりリフレッシュして2月に戻ってまいりますね!》と投稿した。

「休暇中の代役は、須黒清華・相内優香の両アナが務めますが、気になるのは大江キャスターの休暇の中身。“妊活”に励むのではないかと、もっぱらのウワサなのです」(同)

 テレビ東京に入社当初は『出没!アド街ック天国』や『モヤモヤさまぁ〜ず』などのバラエティーで人気を博していた大江アナ。

「そのころは、じっとガマンの子でした。いずれは報道を、という野望を抱いて仕事をしていたそうです。彼女、上昇志向の強い人なのです」(テレビ東京関係者)

 結婚したのは、2014年9月。

「お相手は、マネックス証券の創業者で社長の松本大氏。資産数百億円といわれる松本氏との“セレブ婚”に、周囲は納得したものでした」(同・関係者)

 松本氏は、深夜帰宅の彼女のためにワインを用意。その日あったことなどを話し合うという。

「夫婦仲は、ずっといいんです。でも、大江の仕事のことを考えて、子作りは控えていた。ただ、本音では、愛する人の子どもを産みたいと考えていたのは当然。仕事を離れれば、彼女も1人の女性ですから」(同)

 そこへ、タイミングよく訪れた長期休暇。

「ライバル、滝川クリステルの妊娠も大きいと思います。彼女、負けん気も強いですから」(同)
“ママでもキャスター”こそ、働き方改革の推進策ではないか!

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ