search
とじる
トップ > レジャー > 「時間をかけると見えなかった物が浮き出て来る」アレキサンドライトステークス  藤川京子の今日この頃  

「時間をかけると見えなかった物が浮き出て来る」アレキサンドライトステークス  藤川京子の今日この頃  

pic pic

藤川京子

 ダート戦なので、素直にタイムの力比べで予想していきます。目に付くのは、チバテレ杯で勝ったフィードバック。上がりタイムも安定していて心強く、中山では馬券から外れた事がありません。若いですが、その代わり勢いがありますし、走破時計も良い方です。しかし、もう少し距離が延びたレースでの比較だと、フォースラインの方が持ち時計が良いのです。その代わり中山は初出走で、中山と同じ京都の右回りの成績が微妙です。

 ライバル関係で見ると、グラスブルースとブライトンロックですが、この2頭より調子が良さそうなのが、リワードアンヴァルと前走は軽ハンデでしたがメイショウササユリ。更に、それに同等なのがエムオーグリッタですが、今回は斤量が2kg増えるのでここが微妙です。内房Sを見ると、斤量を考慮すればブライトンロックの方が強かったように思えます。甲乙付けがたいのですが、リワードアンヴァルの方が調子が良さそうに思ったのですが、外枠になってしまいました。中々、決め所が際どいです。

 斤量と走破タイムを考えればフォースラインですが、右回りが微妙なので、それだったらもう1頭の好タイム実績馬の、シニスターミニスター産駒で中山実績もあるアシャカトブが良く見えます。そうなると、微かな違いですが、フィードバック、アシャカトブ、リワードアンヴァルが有力馬なのかもしれませんが、斤量が1kg増えての端を切る競馬で、ゴール前で力尽きるかもしれないリワードアンヴァルの後ろに控えている筈の、安定した走りを見せているテイエムチェロキーを付け加えて勝負です。
ワイドBOX 12、14、2、13

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ