search
とじる
トップ > 芸能ネタ > SPドラマが高視聴率獲得もTBSと“絶縁”の可能性が浮上した綾瀬はるか

SPドラマが高視聴率獲得もTBSと“絶縁”の可能性が浮上した綾瀬はるか

pic pic

提供:週刊実話

 2日に放送された女優の綾瀬はるか(34)主演のTBS系ドラマ「義母と娘のブルース 2020謹賀新年スペシャル」の平均視聴率げ、16・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

「義母と娘のブルース」は18年7月期に火曜ドラマ枠で放送され、全10話平均14・2%の視聴率を獲得。同名4コマ漫画を原作に、8歳の娘を持つ男性と結婚したキャリアウーマンの10年間の奮闘が描かれ、今回はSPではドラマのラストから1年後がオリジナル脚本で描かれた。

「年末から年始にかけてのドラマの一挙放送、綾瀬が積極的に番宣を行ったことが高視聴率につながったようだ。キャリアウーマンの綾瀬が全力疾走した際の胸元も男性視聴者にはたまらなかった」(テレビ局関係者)

 同SPのエンディングから、続編を希望する声もあがるほどの人気作品となったが、ドラマの内容をめぐって綾瀬がTBSと“絶縁”する可能性もありそうだというのだ。

「主人公らが捨て子の赤ちゃんの面倒を見るストーリーで、妊娠も出産もしていない主人公が、赤ん坊を見て母性があふれたせいか母乳が出て、それを赤ん坊に授乳させるというありえないシーンが描かれネット上では批判が殺到。授乳なのに胸元すら見えずイライラを募らせた視聴者も多かったはずだが、綾瀬に対するセクハラ、との声もあがり、所属事務所は怒り心頭のようだ」(芸能記者)

 中途半端な演出ならない方がマシだったようだ。

芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ