search
とじる
トップ > 社会 > 専門家が警告 北海道イワシ大量死は根室沖M8.5巨大地震の前兆現象

専門家が警告 北海道イワシ大量死は根室沖M8.5巨大地震の前兆現象

 11月5日から6日にかけ、北海道の浦河町の港に推計100トンにも及ぶイワシが打ち上げられた。同月3日には浦河町から約80キロ離れたむかわ町でも大量死が発生、この日は一帯で最大震度4の内陸地震が起きているため、地元民は「大地震の前触れではないか」と不安を募らせている。

 異変の原因については「11月3日に低気圧が接近し、海面に流れ込んだ冷たい海水をイワシがいっせいに避けようと浅瀬に押し寄せた結果、酸欠状態になった」との専門家の見方もあるが、果たして気象の影響と言い切れるのか。
 例えば2011年2月にニュージーランドで発生したカンタベリー地震(M6.1)発生の前日には、海岸に107頭のクジラの群れが打ち上げられた。日本でも東日本大震災の約2カ月前、深海魚であるはずの『リュウグウノツカイ』が小田原で定置網に掛かり、1週間前にも茨城県鹿嶋市の海岸でクジラ52頭が打ち上げられている。

 生物の異常行動と地震の関係について、琉球大学理学部名誉教授の木村政昭氏が言う。
 「地震学者の主流派は地震計だけが頼りで、生物の異常行動は地震に関係ないとしています。しかし、高名な物理学者の寺田寅彦先生などは関係があると考えており、私も同感です。クジラは音に敏感で、超音波を聴いて方向を決めているとされている。今回のイワシの件も地震と関係があるかもしれません」

 加えて木村氏は、根室沖で2015年までにM8.5の巨大地震が発生すると予測している。
 「気象庁が専門家に公表している微小地震(高感度地震計で検出される小さな地震)を分析した結果、その地域に“地震の目(地震空白域中にある活動域)”があると判断しました。さらに、今世紀に環太平洋で発生したM8以上の大地震を見ると、太平洋を反時計周りに循環して発生していることがわかります」(同)

 最近起きたM8以上の巨大地震といえば、今年4月にチリ沖で起きたイキケ地震(M8.2)。次は対岸の日本なのか。

社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ