search
とじる
トップ > トレンド > 実は理系で格好いい!? 山崎邦生の知られざる一面

実は理系で格好いい!? 山崎邦生の知られざる一面

 1月15日放送の人気バラエティ番組『ガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系列)にて、レギュラー勢や、ゲストのお笑い芸人達が、特技や隠し芸でもって視聴率を上げる『チキチキ特技披露会議 毎分をあげよう』という企画が放送された。雨上がり決死隊の宮迫が、ヌンチャクで飛んでくる小豆の粒を叩き落としたり、FUJIWARAの藤本が、息で500ミリリットルのペットボトルを吹き倒すなど、各々が個性的な隠し芸を披露していた。来週も含めて前後編のこの企画、来週は山崎邦正が真剣を用いての居合い斬りに挑戦する。

 実は山崎邦正は中学時代剣道部に所属しており、本人いわく大会では常に優勝候補だったとか。しかしヘタレキャラが災いしてか(?)優勝経験はなく、段位も一級止まり。過去に別番組の企画で披露した際も、対戦相手に負けてしまっていたが、普段の山崎とは違う様子に「見直した」という声も多かった。そんな彼が今度は真剣での居合を見せると言うことで、今から期待している視聴者も多いという。

 普段はスベリ芸やリアクション芸の印象が強い山崎だが、実は彼は芸能人の中でも実に多彩な側面を持っている。有名なのは、難関で知られる国家資格の第一種情報処理技術者試験資格を所持している、と言うことだろう。元々山崎は理系。小学校の時にポケコンに触れたのがきっかけでコンピューターに興味を持つようになり、中学の頃にはかなり高価なパソコンを操作してコマンドを打ち込んだりしていたという。後に情報処理系の専門学校に進学するが、そこではすぐに資格を取得して中退。この頃を知る教師は、入学してきた段階で相当な実力があったと証言している。

 このように並々ならぬコンピューターの知識を持っている山崎。使用OSにRedHat Linuxを挙げたり、C++やCOBOLといったプログラミング言語も使いこなしていると言う。あまりに彼の実力が高いため、「吉本の人事や給料のプログラムは山崎が組んだ」との都市伝説が流れるほどだったとか。
 普段の彼からは思いもつかないこの側面、ファンの間でも一時期真贋論争が出たほどだった。しかし、事実であれば勿論誇って良いことのはずなのに、なぜか山崎はコンピューターや剣道について表に出すことはしない。だがこれにはダウンタウンや吉本の上層部より、芸人として売っていく上での、イメージ戦略の観点から、封印した方がいいとのアドバイスを受けたから、という理由があるという。

 ともあれ最近になって、山崎の剣道の腕前に関しては少しずつ披露されるようになってきた。新しいツールやネットコミュニケーションが多様化している現在、今後は技術者なみの知識を持つ芸人として、山崎が出て来ることになるのだろうか?

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ