search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 下手うま!? ある意味ロック! 宮崎あおいの元気の出る歌声

下手うま!? ある意味ロック! 宮崎あおいの元気の出る歌声

 時として言霊は、落ち込んだ人間や暗い社会を元気にさせてくれる。類稀なる歌声は、人々の心を確実に動かすのだ。今、先の見えない不況で疲れ果てた人々の心を癒すCMソングが、静かなブームになっている。そのCMソングとは、「earth music&ecology」のCMに使用されている“アカペラの歌声”である。実は、この曲が何度も何度も脳内で再生されてしまうほど、強烈なインパクトを持っているのだ。

 「earth music&ecology」のCMで伸び伸びとした歌声を披露しているのは、女優の宮崎あおいである。このCMは、「歩く」篇、「野球」篇、「鉄棒」篇の3種類があり、宮崎あおいが、明るい表情で歌声を披露しているのだ。しかも、口ずさむ曲は、ロックバンド・THE BLUE HEARTSの名曲「1001のバイオリン」である。
 この名曲を宮崎あおいが歌いあげているのだが、これがなかなか味わい深いのだ。決して上手いとは言えない歌声だが、彼女の生き様、ポジティブな思考が感じられ、一度聴いたら忘れられない歌声となっている。
 ナチュラルテイストがセールスポイントである女性向けファッションブランドの「earth music&ecology」のイメージにも合っており、自然体で生きる女性らしさが、この歌声と表情に現れているのだ。
 人々の心を揺さぶるこの歌は、ある意味ロックであり、メッセージソングでもある。疲弊しきった日本の再生は、「自然体」というキーワードの中にこそある。

(山口敏太郎)

参照 山口敏太郎公式ブログ「妖怪王」
http://blog.goo.ne.jp/youkaiou

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ