search
とじる
トップ > トレンド > 鬼才ジョン・カーペンター監督の特集上映「ザ・ウォード/監禁オールナイト」が開催

鬼才ジョン・カーペンター監督の特集上映「ザ・ウォード/監禁オールナイト」が開催

 鬼才ジョン・カーペンター監督10年ぶりの最新作「ザ・ウォード/監禁病棟」が9月17日から東京・銀座シネパトスで公開される。この公開を記念してジョン・カーペンター監督の特集上映「ザ・ウォード/監禁オールナイト」が9日、同劇場で開催された。

 パトスへの両入口シャッターを完全閉鎖の監禁オールナイトで、非常時以外は原則外出不可。同イベントには先日ロカルノ国際映画祭で「東京公園」で金豹賞審査員特別賞を受賞した青山真治監督、邦画界の名バイプレイヤーであり、カーペンター監督を愛してやまない山本浩司、日本で唯一のカーペンター研究家である鷲巣義明氏が参加。カーペンター監督について白熱のトークショーを行った。

 トークショー中、このイベント用にカーペンター監督が自ら編集したサプライズメッセージ映像も上映。カーペンター監督は以下のようにコメント。「(日本語で)ニホンノミナサン、コンニチハ。シネパトスヘヨウコソ。(英語で)今夜はご来場ありがとうございます。日本は美しい国です。なんといってもゴジラ、ラドン、キングギドラ、そしてAKB48が生まれた国です。皆さんの友情と応援に感謝しています。それでは私の作品を楽しんで下さい。また近いうちにお目にかかりましょう」

 それを受け3人は「感無量。なんて良い人なんだ。カット割のスピード感も良い。編集もご自分でしたのでしょう。素晴らしいですね。カーペンターが撮るAKB48のPV、素晴らしいものができるでしょう」(青山監督)。「良い人過ぎますね。ホラー、SFだけではなく、カーペンターってコメディセンスもありますよね」(山本)。「インタビューで伺ったのですが息子さんの影響のようです。息子さん、日本に住んでらしたのですが今年帰国されて日本のカルチャーとしてカーペンター監督に渡したのがAKB48のCDとのことです」(鷲巣)とそれぞれ語った。

スリーショット:左から鷲巣義明氏、青山真治監督、山本浩司

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ