search
とじる
トップ > スポーツ > ノムさん横浜入りへ

ノムさん横浜入りへ

 今季限りで退団が決まっている楽天・野村克也監督の次の就職先が、どうやらセ・リーグの横浜ベイスターズに決まりそうな雲行きとなってきた。CS第2ステージの日本ハム戦が、あす21日から始まるが、野村監督にとって「日本シリーズ出場」の看板は横浜入りへの手土産にぜひとも欲しいところ。野村采配が注目される。

 一気の連勝で福岡ソフトバンクを下し、CS第一ステージを突破した野村楽天。日本シリーズ進出がいよいよ現実のものとなる勢いだ。
 そうはいっても、野村監督の去就は「例え日本一になっても」寂しい限り。解任は既定路線として履る事がないからだ。
 カネへのこだわりから「生涯監督」を標ぼうするノムさんだが、あまりに「カネ」「カネ」し過ぎたのが命取りになった。本来なら、球団初のCS第2ステージ入りを果たした今季はクビになる要素などない。目の前の「カネ」という“木”ばかり見て「長期政権」という森を見なかった報いを受けたのだ。
 ところが世の中、まだまだ捨てたものではない。それこそ「捨てる神あれば拾う神あり」で、ノムさんの監督手腕を高く評価している球団が出現したのだ。「横浜ベイスターズ」がある。
 横浜も楽天同様、真夏のストーブリーグを展開。シーズン後半早々に今季限りでの監督(横浜は監督代行)を解任することを発表。田代冨雄監督代行の後任探しを今なお行っている最中だ。
 ストーブ突入直後は、横浜OBの佐々木主浩が有力とされていたが、思わぬ落とし穴で一転、白紙になった経緯がある。
 「佐々木はメジャー経験者という事もあり、年俸はそれなりに用意しなければ招へい出来ない。ところが、佐々木は監督未経験で、評論も“何を言っているのか分からない”と関係者から酷評されている人物。その事を親会社のTBSが知りダメ出しされたのです」と、スポーツ紙デスクが語る。

 その後、監督候補に挙がったのは元・監督の牛島和彦、現役投手の工藤公康、現・巨人投手コーチの尾花高夫…といった面々。候補者の共通項は「カネがかからない」ところで、この辺りも楽天の監督人事と似ている。
 「TBSが正直なところ、球団を手放したがっているんですよ。リーズナブルな年俸であるものの、ある程度、結果が残せる人材を物色していた。結果として尾花が本命とされていた」(前出・デスク)
 監督経験はないが、ソフトバンク時代は王貞治監督の参謀を務め、原巨人では名投手コーチとして名を馳せた尾花。厳しい指導法で知られる彼こそ「ぬるま湯体質」が浸透している横浜を改革するには打ってつけ、と目されていた。
 ところが、尾花は巨人の現役コーチ。CS→日本シリーズ…と巨人は日程が終了していない。
 しかも、新聞紙上で「横浜・尾花監督招へい」という見出しが躍り、巨人球団首脳が放出を拒否。巨人の頭脳が流出する事を嫌がり始めたという説まで浮上している。
 一方の横浜も巨人の全日程が終了してからの動きでは来季の戦力構想を練るのにスタートが遅すぎる。秋季キャンプはおろかドラフト会議も満足に着手出来ないまま「尾花体制」を敷くのはリスクが高すぎるのだ。
 そういった背景があり、監督人事が白紙になったが、それと期を同じくして「野村監督論」が球団幹部で囁かれ始めたという。
 「なんだかんだ言ってもノムさんの監督経験値は今の横浜には魅力。しかも、メディアを意識したボヤキはマスコミ戦略につながる。ノムさん本人もチームは関係なく監督をやりたがっているので、上手くハマれば現実的な話なのです」(TBS関係者)
 事実、一部スポーツ紙が仙台の楽天ファン50人にアンケートを実施した結果、96%(48人)が野村監督解任に反対。野村監督解任は世論が強く反対している事からも横浜にとっては追い風。「ノムさんを救った」イメージが世間に強く伝わるからだ。
 ただ、ネックがないわけではない。野村監督の「年俸」だ。今シーズンも1年1億5000万円という高額が原因で監督を解任された。監督の年俸リーズナブル化は横浜にとって大命題なだけに、高額の契約金と給料はポイントになりそうだ。
 そんな中、ノムさんの敏腕マネージャー・サッチーこと沙知代夫人が「週刊新潮」10月22日号で爆弾発言した。
 「主人はゼニ金で野球をやっているわけではない。仮に年俸が半減したって、あなたが必要だと言われればやるんです」
 これが本当なら横浜の監督を7500万円でも引き受ける事になる。唯一のネックが解消され、いよいよ現実味が帯びてくることになる。
 とはいえ、発言者が“ツワモノ”だけに、週刊誌誌上の話を鵜呑みには出来ないところではある。いずれにせよ、ノムさんの横浜監督就任もカネ次第、という訳だ。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ