search
とじる
トップ > アイドル > 指原莉乃プロデュースの声優アイドル、目標は“秋元康越え”

指原莉乃プロデュースの声優アイドル、目標は“秋元康越え”

 HKT48の指原莉乃が、自身がプロデュースする「声優アイドルオーディション」の開催を発表し、秋元康越えを宣言した。

 指原は「中学時代からアイドルが大好きで興味があったので、理想のアイドルを作りたいと思います。ここで一発秋元康越えをしたいと思います。普段は色々なアドバイスを受けていますが、今回プロデューサーとして同じ土俵で秋元さんを超えられるように頑張ります」と高らかに宣言。

 指原は2015年にはアニメ『クレヨンしんちゃん』で14歳のメキシコ人女子役を務めている。指原は「全く知識が無いままで現場に行ってやりました。自分の人生の中で一番難しかったのが声優でした。メチャメチャ難しく、たくさん泣きました。今回は代々木アニメーションさんが声優部門は全面プロデュースしてくださるので安心しています」とコメント。

 声優の楽しさについて問われると「普段の演技は恥ずかしくてやりたくないんですが、声優はもう一度やりたいと思うくらい、顔が見えないので思い切り出来て自分にない扉を開放してくれるような感覚でした」と笑顔で語った。

 オーディション合格者は今夏のCDデビューが決まっているという。指原は「私が歌詞を書いたり、衣装を決めたり、振付師、MVの監督を決めたりとかまさに私がやりたかったこと全てやる予定なのですごく楽しみです」と語り、「今は無理ですが15年、20年後ぐらいには印税生活出来たら嬉しいです」と大風呂敷発言に報道陣は大爆笑。

 最後に「これからはアイドルになりたい女の子は秋元康を頼るのではなく、私を頼って下さい」と自信満々に締めくくった。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ